修理

処理の7つの方法 0x80000003エラー

あなたは恐ろしいことに直面しているので、あなたはこの投稿を読んでいるかもしれません 0 x 80000003 エラー。 このエラーが発生すると、多くの人が自分のマシンで何が問題になったのかと思います。 このエラーは突然発生する可能性があります。 また、マシンで多くの重要な操作を実行できなくなる可能性があります。 だから、このエラーは何ですか? なぜ発生するのですか? そして、どのように問題を修正できますか? これらがあなたの心の中の質問であれば、次の数行があなたを助けます。 ここに包括的なガイドがあります 0x80000003エラー。


何ですか 0x80000003エラー?

前述のように、 0x80000003エラーが突然発生します。 レジストリ内の他のファイルと競合するランダムファイルを実行しようとすると発生します。 .exeまたは実行可能ファイルを実行しようとすると、エラーがよく発生します。 また、マシンに重要なドライバーがない場合にも発生する可能性があります。 場合によっては、 0x80000003エラーは、互換性のないハードウェアが原因で発生します。 ハードウェアは、特定のファイルの実行を妨げる可能性もあります。 これが、修正するXNUMXつの異なる方法で考える必要がある理由です。 0x80000003エラー。

一般に、 0x80000003エラーには、次のメッセージが付属しています。
例外ブレークポイント、ブレークポイントに到達しました(x0x80000003)アプリケーションで発生しました。

上記のメッセージは常に画面に表示され、ユーザーを困惑させることがあります。 エラーが発生すると、実行可能ファイルでこれ以上の操作を実行できなくなります。

その上、あなたが気になっている場合 0x800706 エラーとエラー 0 x 80070652 Windowsでは、クリックして今すぐ修正します。


開発環境とクライアント側環境

場合によっては、複数のオプションを含む警告メッセージが表示されます。 エグゼクティブウィンドウのメッセージが画面に表示されたら、警告と見なす必要があります。 警告メッセージにはいくつかのオプションがあり、選択する必要があります。 たとえば、クライアントサイド環境で作業している場合、アプリケーションは 0x80000003エラー、ベンダーに連絡できます。 一方、開発環境にいる場合、および 0x80000003エラーが発生しました。現在の実行を停止して、デバッグを試行してください。 最初のシナリオは常に最も簡単です。 これは、アプリケーションのサプライヤがデバッグを行い、エラー状況の把握に役立つためです。

前提条件

まず、この投稿に記載されている手順を実行する前に、システムの復元ポイントにいる必要があります。 このステップでは、システム設定に対する多くの重要な変更が行われるため、これは重要なステップです。 適切なシステム復元ポイントがないと、予期しない合併症に直面する可能性があります。

また、ここに修正するための最良の方法があります 0xc0000005 エラーと インテル遅延ランチャー 起動の問題を遅らせています。


方法1 – CHKDSKユーティリティプログラムを利用する

デフォルトでは、このユーティリティプログラムは、 0x80000003エラー。 場合によっては、このユーティリティプログラムを実行すると、問題が完全に解決されます。 ただし、ユーティリティは特定の条件でのみ機能します。

たとえば、あなたのマシンは 0x8ハードドライブの整合性の問題による0000003エラー? ハードドライブが整合性の問題に直面している場合、そのファイルを更新または変更することはできません。 ハードドライブで更新を実行しようとすると、失敗します。 結局、システムは不健全であり、新しい変更を受け入れることができません。 新しい変更は、ハードドライブを悪化させるだけです。 幸いなことに、CHKDSKユーティリティを使用すると、このような状況に対処できます。 このユーティリティプログラムは、重大な整合性の問題があるハードドライブを修正するように設計されています。

そして、ハードドライブとそのエラーを修復することで機能します。 ハードドライブが正常に機能し、更新されるのを妨げるすべてのエラーが修正されます。

PS:ここに最適なソリューションがあります 0 x 00000050 死のブルースクリーンエラーとWindows更新エラー 0 x 80070652, また、方法を知るようになる 初期化されていないディスクからデータを回復する.

CHKDSKユーティリティを使用するには、次の手順を実行する必要があります。

  • まず、管理者としてマシンにログインします。 システム管理者権限を持っている場合、次のいくつかの手順は機能しません。
  • 次に、コマンドプロンプトを開く必要があります。
  • 次のコマンドを入力します。 CHKDSK / F / R Enterボタンを押します。
  • これで、マシンは内部プログラムを実行します。 すぐに、コンピューター全体が再起動します。

コンピューターが再起動したら、ハードドライブを更新できるかどうかを確認します。 CHKDSKユーティリティプログラムのスクリプトが正常に実行された場合、および 0x80000003エラーは解決されました。問題なくハードドライブを更新できる必要があります。

ただし、この方法は特定のシナリオでのみ機能するという事実を受け入れる必要があります。 そして、それは多くの要因によって制限される可能性があります。


方法2 –システムファイルチェッカースキャン

次に、システムファイルチェッカースキャンになります。 その名前が示すように、このプログラムはシステムスキャンを実行して、 0x80000003エラー。 これは単純に聞こえませんか? それでも、プロセスは見た目ほど単純ではありません。 システムファイルチェッカーエイリアスSFCスキャンがすべての潜在的なファイルを見つけるのに失敗する可能性があります。

SFCスキャンにより、 0x80000003エラー。破損したファイルを修正するために必要なアクションを実行する必要があります。

SFCスキャンの実行は非常に簡単です。 従うべき手順は次のとおりです。

  • ラン」 「Win"と"R」を実行するために一緒に。
  • ここで、コマンドプロンプトを起動する必要があります。 「CMD」と入力してEnterボタンを押すと、コマンドプロンプトが起動します。
  • コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力する必要があります。 SFC / SCANNOW。 このコマンドは、システムスキャンを開始します。 他のほとんどのスキャンと同様に、このコマンドにも数分かかります。 スキャンが完了するまで辛抱強く待つ必要があります。
  • SFCスキャンが完了すると、XNUMXつの異なる結果が表示されます。 結果をスキャンして、修復されたが修正されなかった破損ファイルを特定します。
  • スキャンが完了し、結果が保存されるようにするには、マシンを再起動する必要があります。

SFCスキャンレポートには、XNUMXつの重要な情報が含まれています。

  • Windowsリソース保護が整合性違反を検出できたかどうか。
  • この保護が破損したファイルを見つけることができたかどうか、はいの場合、破損したファイルが正常に修復されたかどうか。
  • 第三に、この保護が破損したファイルを見つけることができたかどうか。 そして、破損したファイルが期待どおりに修正されなかった場合。

方法3 –システム全体のクリーンブート

次に進むと、マシンをクリーンブートする必要がある場合があります。 競合するアプリケーションをいくつかインストールした場合、クリーンブートは避けられなくなります。

競合するアプリケーションは、 0x80000003エラー。 これらのプログラムを見つけるのは簡単なことではありません。 実際、競合するすべてのプログラムを一度に見つけることができない場合があります。 競合するすべてのプログラムを見つけるには、マシンをクリーンブートモードに変更する必要があります。

次の手順に従うと、クリーンブートモードでコンピューターを簡単に起動できます。

  • 管理者権限が必要です。 システム管理者としてマシンにログインします。
  • [システム構成ユーティリティ]オプションを開く必要があります。 タイピング MSCONFIG システム構成ユーティリティプログラムが開きます。
  • [システム構成ユーティリティ]ウィンドウで、[スタートアップのオプションを選択" の中に "全般" タブ。
  • 次に、起動項目を読み込む、 ""システム・サービスをロードする"、および"元のブート構成を使用する、" 同様に。

  • 次に、「サービスタブ」 [サービス]タブで、[すべてのマイクロソフトサービスを隠す"を選択し、すべて無効にする」という。

  • 選択したすべての設定を適用するには、「適用します"と"OKメインウィンドウで。
  • 次に、マシンを再起動します。 この手順を実行すると、マシンはクリーンブートモードに移行します。
  • クリーンブートモードでは、競合するすべてのプログラムを識別できます。 その結果、主な原因または理由を特定できます 0x80000003エラー。

クリーンブート状態を終了するには、以前の変更を取り消してウィンドウを再起動する必要があります。


方法4 –メモリリークの確認

の背後にある別の理由 0x80000003エラーはメモリリークになります。 メモリリークを引き起こすプログラムを見つけるのは簡単です。 次の手順は、メモリリークを探すのに役立ちます。

  • ラン」と入力 mdsched.exe。 これにより、Windowsメモリ診断ツールが開きます。
  • Windowsメモリ診断ツールには、XNUMXつの異なるオプションがあります。マシンの再起動時に問題を確認するか、すぐに再起動するかを選択できます。 後者が最も推奨される選択肢です。
  • 次に、簡単なスキャンを実行する必要があります。
  • 続いて、「高度な」オプション[合格カウント]または[テストミックス]。 F10を押して、テストプロセスを開始します。

方法5 –開発者と連絡を取る

検索 0x8単一のアプリケーションを扱う場合、0000003エラーは簡単になります。 修正する最良の方法 0x8単一のアプリケーションによって引き起こされる0000003エラーは、その開発者に連絡することによるものです。 ディスカッションフォーラムまたは問い合わせフォームについては、ソフトウェアの公式Webサイトを検索してください。 今、エスカレート 0x8開発者への0000003エラー。


方法6 –高度なシステム修復操作

上記のソリューションとは別に、修正することを選択できます 0x80000003エラーと他の多くのWindowsシステムの問題。 の 高度なシステム修復 は、破損したレジストリを修復し、マシンの全体的なパフォーマンスを最適化できる複雑なツールです。 それはあなたのマシンから破損したファイルと他の多くのジャンクファイルを取り除きます。

高度なシステム修復は、不要なシステムファイルを削除する最良かつ最も簡単な方法であると考えられています。 ボタンを数回クリックするだけで、 0x80000003エラー!

高度なシステム修復オプションの使用方法に関するいくつかの手順を次に示します。

  • システムは「セーフモードとネットワーク」という。

  • ここで、「WindowsとR」キー。 この手順を適切に実行すると、実行ウィンドウが表示されます。

  • ダウンロード用のURLを入力してください 高度なシステム修復.
  • プログラムをダウンロードしたら、インストールする必要があります。
  • 次に、フルシステムスキャンを実行します。

高度なシステム修復

  • スキャンが完了したら、「今すぐ修正、クリーニング、最適化」という。

高度なシステム修復

上記の手順を完了すると、修正に役立ちます 0x80000003の問題と、Windowsマシンの他のすべての問題。


方法7 – CCleaner

最後に、確かに重要なことは、あなたが利用することができます CCleanerは.

その名前が示すように、このプログラムはWindowsオペレーティングシステムのクリーニングに役立ちます。 から無料でダウンロードできます 公式サイト。 アプリケーションをインストールして起動し、クリーナーを実行します。

次に、「レジストリ"を選択し、選択された問題を修正」 アプリケーションは、既存のレジストリのバックアップを取るように促します。 バックアップを取ることを強くお勧めしますので、「はい」 レジストリが正常にバックアップされたら、「選択したすべての問題を修正」 最後に、マシンを再起動してCCleanerによって行われた変更を確認し、 0x80000003エラーが修正されました。


結論

だから 0 x 80000003 エラーは修正可能です。 このエラーが発生しても、マシンまたはハードドライブをスローする必要はありません。 代わりに、この投稿に記載されている解決策のいずれかを選択して問題を解決してください。

タグ

関連記事

閉じる
閉じる